小さなセレモニーのメリットとデメリット

>

費用を考える上でのポイントを押さえよう

結婚式の当日以外に考えておきたい費用

小規模ウエディングの場合、例えば式や披露宴にご招待できなかった方がへの、結婚の報告の仕方をどうするのか?というポイントで費用を考えるべきでしょう。
結婚したことをお知らせするハガキなどは勿論でしょうが、その知らせを受けた参列できなかった友人たちが、何らかのお祝いの会を開催した場合、お二人は呼ばれたままでよいのかどうか。
その会の趣旨や、関係性にもよるでしょうが、結婚式以外でも何等かのお祝いの席を設けていただいたご本人方は、お祝いされっぱなしという事はないようです。

例えば、お祝いパーティーに参加してくれたご友人方への小さなお返しを準備することもあるでしょうし、会社関係も含めてゲームをしてもよい人数が集まった場合には、お礼の代わりとしてゲームの景品をお二人から用意するというような、何らかのアクションをする方がスマートだと思います。

香典返しはどのように用意するか

葬儀のデメリットでも申し上げましたが、予期せぬ香典返しの準備は費用の中に組み込んでおくことが無難でしょう。
もしかすると、葬儀屋さんから「香典返しはいかほどご用意しましょうか?」などと、聞かれるかもしれませんが、その際のポイントがあります。

まず、その香典返しは使用した分だけ支払うものなのか?予め買取のものなのか?
その際の、一緒に付ける喪主からのお礼のあいさつ文などは即時印刷可能かどうか?
挨拶文の増版については、最低ロットは何枚で、費用はいくらなのか?
最終的に葬儀終了後からいかほどの期間まで、支払いを延長できるのか?
香典返しの使用数量決定まで、どれほどの期間がもらえるのか?
など、香典返しだけでもこれだけのものが考えられます。

また、予想以上の香典の金額だった場合、何をどのようにお返しするのか?
など、考え付かないことも起こります。
予め、デメリットの事も予想しながら、費用を考えておくべきです。


この記事をシェアする