小さなセレモニーのメリットとデメリット

>

トータルで考えるとどうなのか?小さなお葬式

小さな葬儀は、故人に静かに寄り添う

誰にでも訪れる大切な人とのお別れですが、葬儀はその節目として大切な儀式です。
最近は、斎場等でも家族葬や直葬などと非常にコンパクトな葬送の方法が多くなりました。
この小さな葬儀の最大のメリットは、近親者のみで静かに送ってあげられることでしょう。
また、故人が生前自分の葬儀について強いこだわり等があった場合にも、実現可能な規模だと思います。
一般参列者への気遣い等も必要最低限で済みますので、喪主の疲労度も少なくて済むかもしれません。
なにより、元来の形式の葬儀を行う場合、多くの悲しみの中で葬送に必要な準備を様々進めていかなければならず、実際涙する暇もないほどに時間が過ぎてしまいますが、家族葬ともなれば、故人に寄り添っていられる時間は多くなり、お別れも少しは落ち着いてできることが、メリットと言えるでしょう。

意外と後から大変な小さな葬儀

小さな葬儀を行った場合、以外と考えなくてはいけないことは、葬儀後にお亡くなりなったことを聞いた故人をしのぶ方からの香典についてです。
家族のみで静かに送ってあげたかったし、それが故人の意向であったゆえの小さな葬儀だったでしょうが、家族でも想像できない故人の人間関係がここに表れます。
実際、故人が生前にお世話になった各所でご不幸があり、都度香典等を送っていた場合、頂いた相手側はその返礼について常に気にかけています。
誰にも、葬儀等の連絡をしない場合、後々事実を知った関係者からの香典が届き、それについて都度香典返しをしなければならなくなったという事を聞くことがあります。
この手間こそがデメリットと言えるでしょう。
香典を頂き、返礼をしないということは、よほど特殊な関係性でない限りあまり考えられません。
まして、家族も把握しえない方からの香典であれば、きちんと金額に見合った香典返しをする方が無難でしょう。


この記事をシェアする