キラキラ輝く婚約指輪【あなたの想いを指輪に込めよう】

新郎新婦

ドレスでカバーする方法

ウェディングドレス

結婚式までには痩せたい、綺麗になっておきたいとダイエットやコンプレックス解消に励む女性はたくさんいます。せっかくのウェディングドレスを美しく着こなしたいのは当然ですね。さて、忙しい式準備などで調整が間に合わなかった方もいることでしょう。そうした場合には、ウェディングドレスとブライダルインナーでのカバーを利用するのが良策です。ブライダルインナーで背中の肉とお腹の段差を胸に寄せて、スムーズなラインを作ります。後のカバーはウェディングドレスで行ないましょう。小柄で下半身がふくよかなタイプならAラインやプリンセスライン、エンペラーラインのウェディングドレスで足元を隠すことができます。二の腕が気になる場合は袖付きや袖部分をひらひらとしたレースやシフォンで飾ったドレスを着ます。その代わり胸上のデコルテ、肩甲骨までの背中部分などは見せていくと、良いでしょう。隠しすぎると野暮ったくなりますので、ウェディングドレスは隠したら、別の所で肌を見せていくことでバランスをとることができます。高めの年齢で、肌を見せたくないのなら、肌見せ部分をレースの透け素材にすると良いでしょう。ベール効果で肌に自信がない人も着こなすことが可能です。肌色にコンプレックスならイエローがかった肌の人はオフホワイト、小麦色の肌の人はシャンパンホワイト、色白の人はホワイトの色合いのウェディングドレスで調整ができます。うまくデザインやタイプを利用して、当日は、写真に残せる美しい花嫁になりましょう。